富士フレーバー株式会社
トップ
会社情報
エコモン商品
採用情報
お問合せ
サイトマップ
貯穀(食品)害虫用
ガチョン メイガ類を対象としたモニタリング用フェロモントラップ
ガチョン

メイガ類は食品・精米・たばこの工場、倉庫などの屋内に多く生息する穀物やその加工品といった食品に害を与える、飛び回るタイプの害虫です。これらの害虫は商品への異物混入の原因として常に上位にランクされており、食品業界で多く使用していただいております。

対象害虫特長使用方法商品構成
INSECT

対象害虫

ノシメマダラメイガ

学名:Plodia interpunctella

ノシメマダラメイガ

成虫は、7~8mm、前翅の頭側は、淡黄色で、残り部分は茶褐色をしています。主に幼虫が、米、小麦、トウモロコシなどの穀類とその加工品、大豆などの豆類、ゴマなどの油用種子、ナッツ類、乾燥果実、ココアやチョコレートなどを加害します。 雌は一生のうち、100~400個産卵します。卵から約2ヶ月で成虫になり、10日前後生存します。年に3~5回世代交代をします。蛹になる前の終令幼虫は広範囲に分散する習性があり、 この幼虫は穿孔能力が強く、食品包材を穿孔し、内部に侵入します。

チャマダラメイガ

学名:Ephestia elutella

チャマダラメイガ

成虫は、6~8mm、灰褐色で翅はやや茶色をしています。主に幼虫が、穀物およびその加工食品、乾燥果実、特に貯蔵たばこを加害します。雌は一生のうち、160個程度産卵します。卵から約2ヶ月で成虫になり、10日程度生存します。年に2~3回世代を交代します。

ガイマイツヅリガ

学名:Corcyra cephalonica

ガイマイツヅリガ

成虫は、12~15mm前後で、灰白色をしています。主に幼虫が、米、小麦、トウモロコシなどの穀類やその加工食品、ゴマやナッツなどの油用種子、乾燥果実を加害します。特に、米ぬかや砕米を好みます。雌は一生のうち、100~400個産卵します。卵から約2ヶ月で成虫になり、10日前後生存します。主な分布は、熱帯~亜熱帯地方ですが、現在分布が拡大しています。

FEATURE

ガチョンの特長

01.メイガ類を対象としたモニタリング用フェロモントラップ

・食品害虫として知られる3種のメイガ類が対象(対象毎にルアーが異なります)

・メイガ類の早期発見、発生源の特定、発生消長の調査などに効果を発揮

・殺虫成分を含まない安全性の高い商品

02.対象害虫の習性にピッタリ、操作性も抜群

・メイガ類の習性を徹底研究して作られたトラップ

・少しの粉塵や鱗粉をものともしないタフな粘着紙を使用

・ルアーを徐放性フィルムで覆っているので、効果は1ヵ月間持続

・組立簡単なトラップであり、どなたでもお使いいただけ、使用後の処分も容易

・コンパクト、付帯設備不要、設置場所を選ばないため、工場・倉庫・コンテナなど幅広い場面で使用が可能

HOW TO

使用方法

トラップの組み立て方

①台紙を開き、A部を折り目に沿って曲げ、剥離紙を剥がします。

②シートからルアーを1個取り出し、粘着面に貼り付けます。

③A部をB部に差し込んでご使用ください。

トラップの設置方法

①設置場所:床から1.5mの高さの壁面などに設置してください。

②設置間隔:5~10m間隔で設置することをお勧めします。

※機械や製造ラインへの設置は成虫を誘引する可能性がありますので避けてください。
※建物の出入口近辺の設置は、外部からの侵入を招きますので、出入口から10m~20mほど離して設置してください。

トラップの交換周期

トラップとルアーは1ヵ月ごとに交換してください。

※有効期限は1年間です。有効期限内にご使用ください。
※直射日光を避け、暗所室温条件下で保管してください。
※品質保持のため冷蔵庫や40℃を超えるような場所での保管は避けてください。
PACKING

商品構成・荷姿

トラップ本体 10個、性ルアー 10個(1シート)/箱
100個/段ボール(10箱/段ボール)

カタログPDFはこちら
エコモン商品一覧
貯穀(食品)害虫用・農業害虫用
貯穀(食品)害虫マルチ対応用
Copyright (c) FUJI FLAVOR CO., LTD. All rights reserved.
↑