富士フレーバー株式会社
トップ
会社情報
エコモン商品
採用情報
お問合せ
サイトマップ
貯穀(食品)害虫用
ハイレシス ジンサンシバンムシ・ヒメマルカツオブシムシを対象としたモニタリング用フェロモントラップ
ハイレシス

これらの害虫は食品・精米の工場、博物館、美術館、薬局、倉庫などの屋内に多く生息する穀物やその加工品といった食品に害を与える、飛び回るタイプの害虫です。これらの害虫は用心深いため、通常のトラップではなかなか捕まえることが出来ません。ハイレシス®は、用心深い害虫の習性に合わせて設計されたトラップで効率的にモニタリングをすることができます。特にジンサンシバンムシ専用のトラップは世界で唯一富士フレーバーが販売しています。

対象害虫特長使用方法商品構成
INSECT

対象害虫

ジンサンシバンムシ

学名:Stegobium paniceum

ジンサンシバンムシ

成虫は、2~3mm、褐色~暗茶褐色をしています。タバコシバンムシに類似していますが、ジンサンシバンムシの翅には明瞭な点刻の溝が縦に並んでいます。また、タバコシバンムシの触角はノコギリ状に対し、ジンサンシバンムシの触角は先端3節が長く太い形状です。主に成虫・幼虫が、穀類、菓子類、香辛料、乾燥果物、椎茸、蕎麦などの乾麺、さらには、漢方薬などを加害します。雌は一生のうち、80個程度産卵します。卵から1.5月~2ヶ月で成虫になり、10~21日生存します。寒地では年に1回、暖地では年に3回世代を交代します。

ヒメマルカツオブシムシ

学名:Anthrenus verbasci

ヒメマルカツオブシムシ

成虫は、2.5mm前後で、褐色~暗茶褐色をしています。体色は黒色を基本にその上に、白、黄色、茶色の鱗片状の毛が様々な割合で生えているので、多様です。主に幼虫が、衣類や絨毯などの毛織物、博物館の動植物標本を加害します。その他にも、乾燥植物質(玄米、小麦等の穀類)、乾燥動物質(鰹節、干し魚、昆虫・小動物の死骸)など幅広く加害します。成虫は、花粉や花の蜜を好みますが特に被害はありません。雌は一生のうち、30~70個産卵します。卵から孵化したのち、約8~10ヶ月間幼虫で過ごし、越冬します。春に蛹、成虫羽化となり、7日程度生存します。年に1世代、4月中旬~6月下旬に出現します。

FEATURE

ハイレシス®の特長

01.2種の害虫を対象としたモニタリング用フェロモントラップ

・ジンサンシバンムシとヒメマルカツオブシムシが対象(対象毎にルアーが異なります)

・対象害虫の早期発見、発生源の特定、発生消長の調査などに効果を発揮

・殺虫成分を含まない安全性の高い商品

02.対象害虫の習性にピッタリ、操作性も抜群

・対象害虫の習性を徹底研究して作られたトラップ

・滑り台を付けることで用心深い害虫も効率的に捕獲

・ルアーを徐放性フィルムで覆っているので、効果は1ヵ月間持続

・組立簡単なトラップであり、どなたでもお使いいただけ、使用後の処分も容易

・コンパクト、付帯設備不要、設置場所を選ばないため、工場・倉庫・コンテナなど幅広い場面で使用が可能

HOW TO

使用方法

トラップの組み立て方

1

①台紙を開き、A部を折り目に沿って曲げ、剥離紙を剥がします。

2

②シートからルアーを1個取り出し、粘着面に貼り付けます。

3

③A部をB部に差し込んでご使用ください。

トラップの設置方法

①設置場所:床から1.5mの高さの壁面などに設置してください。

②設置間隔:5~10m間隔で設置することをお勧めします。

トラップの交換周期

トラップとルアーは1ヵ月ごとに交換してください。

※有効期限は1年間です。有効期限内にご使用ください。
※直射日光を避け、暗所室温条件下で保管してください。
※品質保持のため冷蔵庫や40℃を超えるような場所での保管は避けてください。
PACKING

商品構成・荷姿

トラップ本体 10個、性ルアー 10個(1シート)/箱
100個/段ボール(10箱/段ボール)

カタログPDFはこちら
エコモン商品一覧
Copyright (c) FUJI FLAVOR CO., LTD. All rights reserved.
↑