富士フレーバー株式会社
トップ
会社情報
エコモン商品
採用情報
お問合せ
サイトマップ
農業(国内)害虫用
フィールドキャッチ カメムシ類、ガ類、カイガラムシを対象にした発生予察(モニタリング)用資材
フィールドキャッチ

これらの害虫は水田、畑、果樹園などの野外に広く生息し、農産物に直接的な被害を与えます。フィールドキャッチは害虫毎に設計されたルアーとトラップで効率的にモニタリングします。

対象害虫特長使用方法商品構成
INSECT

対象害虫

ホソヘリカメムシ

学名:Riptortus pedestris

ホソヘリカメムシ

成虫は、14~17mm、体色は黒褐色から赤褐色まで変異があり、背面は褐色微毛に覆われています。幼虫は黒褐色で、腰がくびれ、アリによく似ています。ダイズの主要害虫で、成虫・幼虫が種子肥大期の子実を吸汁することにより、さやの落下や種子の奇形・変色が発生します。年2~3回世代を交代し、成虫で越冬します。

クモヘリカメムシ

学名:Leptocorisa chinensis

クモヘリカメムシ

成虫は、15~17mm、体色は黄緑色で、頭・胸の両側に黒い縦帯があります。イネの主要害虫で、成虫・幼虫が登熟初期から後期までの稲穂を吸汁することによって斑点米が発生します。さらに発生が多くなると、斑点米が増加し、減収になることもあります。その他、マメ科の牧草を加害します。年2~3回世代を交代し、成虫で越冬します。

イチモンジカメムシ

学名:Piezodorus hybneri

イチモンジカメムシ

成虫は、9~11mm、体色は淡黄緑色で、胸に紅色(雌)もしくは白色(雄)の横縞があります。 幼虫は1.3~8mmで、体色は、若齢時に黒色か淡褐色、老齢時に赤色~淡黄緑色となります。大豆の主要害虫で、成虫・幼虫ともに、子実を吸汁し収量や品質に影響を与えます。大豆の莢の付き始める頃から圃場に飛来し、発生は莢の伸長が終わる頃から種子の肥大が終わるころに最も多く、莢が黄変し始める頃まで吸汁します。吸汁された時の発育状態により被害状況は様々です。発育初期であると子実が肥大しなかったり、肥大中期以降であると子実が変形や変色したりします。年数回世代を交代し、幼虫で越冬します。

ミカンハモグリガ

学名:Phyllocnistis citrella

ミカンハモグリガ

成虫は、4mm、白灰色で翅に1個の黒点をもち、翅の後ろに長い毛をもちます。幼虫は3~4mm、体色は淡緑色です。柑橘類の主要害虫で、特に幼木園や高接ぎ園で問題になります。幼虫が若葉や若枝を食入し、表皮細胞の内容物を餌にしてトンネルを作りながら食害し、白筋を引いたようなあとを残します。食害されると、発育が阻害され、樹冠拡大の障害になります。被害葉はかいよう病の発生を促します。通常年、10~11回の発生で、成虫で越冬します。

ミカンコミバエ

学名:Bactrocera dorsalis

ミカンコミバエ

成虫は、7.5mm程度のハエです。成虫・幼虫が柑橘類、トマトやピーマンの果菜類やバナナ、パパイヤ、マンゴー、グアバなどの果実を加害し、生産物の損害を引き起こします。年に約8回世代を交代します。台湾、東南アジア、ハワイなどで発生します。

フジコナカイガラムシ

学名:Planococcus kraunhiae

フジコナカイガラムシ

雌雄で形態が大きく異なり、 雌成虫は、2.5~4mm、楕円形で、背面は白色粉状のロウ物質で覆われています。雄成虫は、約2mm、風に乗って飛翔します。幼虫および雌成虫が、カキ、ブドウなどの果樹やフジ、トベラなどの庭木を吸汁加害します。大量の排泄液(甘露)により、すす病が誘発されることもあります。通常4月上旬~11月上旬にかけて年3回世代を交代し、2齢幼虫で越冬します。

クワコナカイガラムシ

学名:Pseudococcus comstocki

クワコナカイガラムシ

雌雄で形態が大きく異なり、雌成虫は、3~4.5mm、楕円形で、背面は白色粉状のロウ物質で覆われています。雄成虫は、約1.5mmで、有翅のアブラムシに似ており翅があります。幼虫および雌成虫が、ブドウ、ナシ、リンゴ、カキ、モモなどの多くの果樹を吸汁加害します。大量の排泄液(甘露)により、すす病が誘発されることもあります。通常5月中旬~10月下旬にかけて年2~3回世代を交代し、卵で越冬します。

ミナミアオカメムシ

学名:Nezara viridula

ミナミアオカメムシ

成虫は、12~16mm、 体色は基本的に緑色ですが、様々な色彩型があります。成虫・幼虫ともに、非常に広食性で、大豆やイネ等の穀類をはじめ、野菜や果樹など、32科145種の植物を吸汁加害することが知られています。イネでは穂を吸汁し、斑点米を発生させます。年3~4回の発生で、成虫で越冬します。世界の熱帯から温帯にかけて広く分布します。

シバツトガ

学名:Parapediasia teterrella

シバツトガ

成虫は、8~9mm、灰白色です。雌成虫は雄成虫よりやや大きめです。幼虫が、芝の新芽を加害します。発生時期は、5~10月で、夜行性で灯火に強く誘引されます。東北以南の各地に分布し、年3~4回世代を交代します。

FEATURE

フィールドキャッチの特長

01.リユース型発生予察用資材

ルアーと粘着紙を取り替えることにより、トラップのリユースを実現しました。

02.対象害虫の習性にピッタリ

害虫の生態に合わせて3つの形状が設定されています。プレートの角度を変えることで、成分の拡散性をコントロールでき、現場の環境に合わせて応用できます。

03.野外環境を耐え抜く粘着紙

安定的なモニタリングを実現するために、高耐水性のある粘着紙に仕上げています。さらに、光による劣化にも強く、1ヶ月間安心してご使用頂けます。

HOW TO

使用方法

粘着紙 粘着紙の取り付け方

1
2
3
サイズ:縦25cm×横7.4cm
耐水性、耐光性
※粘着紙の屋外での使用期間は1ヶ月です。
※ただし、昆虫やゴミが多く付着し粘着力が低下した場合は粘着紙を交換してください。

ルアー ルアーの装填方法


2

①袋からルアーを取り出してください。

②フラットトラップの場合、ルアーの蓋を開封しひっくり返した状態でルアーホルダー下部にセットしてください。ペンタトラップの場合は、開封口を上にした状態でルアーを粘着面に直接貼り付けてください。

1

①袋又はシートからルアーを必要個数取り出してください。

②フラット及びボックストラップの場合、ルアーホルダー上部の網部分にルアーを乗せて蓋を閉めてください。ペンタトラップの場合は、ルアーを粘着面に直接貼り付けてください。

※有効期限内にご使用ください。
※直射日光を避け、暗所室温条件下で保管してください。
※品質保持のため冷蔵庫や40℃を超えるような場所での保管は避けてください。また、フジコナカイガラムシ用・クワコナカイガラムシ用のみ、密閉して冷蔵庫(5℃前後)で保管してください。

設置例

PACKING

商品構成・荷姿

フラットトラップ

1箱あたりの入り数 1トラップあたりの
使用個数
対象害虫
プレート 12枚 2枚 ミカンハモグリガ

ミカンコミバエ
フラットホルダー 6個 1個
ルアーホルダー 6個 1個
吊り下げ紐 6本 1本

ペンタトラップ

1箱あたりの入り数 1トラップあたりの
使用個数
対象害虫
プレート 36枚 6枚 ミカンハモグリガ

シバツトガ

ミカンコミバエ

フジコナカイガラムシ

クワコナカイガラムシ
ペンタホルダー 12個 2個
吊り下げ紐 6本 1本

ボックストラップ

1箱あたりの入り数 1トラップあたりの
使用個数
対象害虫
プレート 24枚 4枚 ホソヘリカメムシ

イチモンジカメムシ

クモヘリカメムシ

ミナミアオカメムシ
フラットホルダー 12個 2個
ルアーホルダー 6個 1個
吊り下げ紐 6本 1本

粘着紙(48枚入り)

ルアーの種類

ルアーの種類 製品仕様
入り数 標準使用数
(1トラップあたり)
交換周期 有効期限 誘引剤 ルアーの形状
ホソヘリカメムシ用 24個入り 標準使用数:6個
(状況により2〜8個)
開封後1ヶ月 1年 雌雄の成虫及び幼虫を誘引する
集合フェロモン
ホソヘリカメムシ用ルアー
イチモンジカメムシ用※2 24個入り 標準使用数:6個
(状況により2〜8個)
開封後1ヶ月 1年 雌雄の成虫を誘引する
集合フェロモン
イチモンジカメムシ用ルアー
クモヘリカメムシ用 10個入り 標準使用数:2個 開封後2週間 1年 雌雄の成虫を誘引する
集合フェロモン
クモヘリカメムシ用ルアー
ミカンハモグリガ用 10個入り 標準使用数:1個 開封後1ヶ月 1年 雄の成虫を誘引する
性フェロモン
ミカンハモグリガ用ルアー
ミカンコミバエ用 10個入り 標準使用数:1個 開封後1ヶ月 約半年 雄の成虫を誘引する物質 ミカンコミバエ用ルアー
フジコナカイガラシムシ用※3 6個入り 標準使用数:1個 開封後1ヶ月※4 1年 雄の成虫を誘引する
性フェロモン
フジコナカイガラシムシ用ルアー
クワコナカイガラムシ用 6個入り 標準使用数:1個 開封後1ヶ月※4 1年 雄の成虫を誘引する
性フェロモン
クワコナカイガラムシ用ルアー
ミナミアオカメムシ用 10個入り 標準使用数:5個 開封後1ヶ月※5 1年 雌雄の成虫を誘引する
集合フェロモン
ミナミアオカメムシ用ルアー
シバツトガ用 10個入り 標準使用数:1個 開封後1ヶ月 1年 雄の成虫を誘引する
性フェロモン
シバツトガ用ルアー

※1山口県/富士フレーバー(株)の特許使用。
※2(国研)農業・食品産業技術総合研究機構/富士フレーバー(株)の特許使用。
※3(国研)農業・食品産業技術総合研究機構/福岡県/島根県の特許使用許可済。
※4ただし、冷蔵庫内に保管していただくことで、その年の発生シーズン中ご使用いただけます。
※5ただし、高温環境下での使用により、交換周期が1ヶ月より短くなる場合もあります。

カタログPDFはこちら
エコモン商品一覧
貯穀(食品)害虫用・農業害虫用
貯穀(食品)害虫マルチ対応用
Copyright (c) FUJI FLAVOR CO., LTD. All rights reserved.
↑