富士フレーバー株式会社
トップ
会社情報
エコモン商品
採用情報
お問合せ
サイトマップ
農業(国内)害虫用
ニューウインズパック コガネムシ類を対象にした発生予察(モニタリング)用資材
ニューウインズパック

これらの害虫はゴルフ場、果樹園、畑、園芸などの野外に広く生息し、根、葉、花を食い荒らすことで、生産物に直接的もしくは間接的に被害を与えます。ニューウインズパックはコガネムシの種類に合わせたルアーと習性に合わせて設計されたトラップで効率的にモニタリングします。

対象害虫特長使用方法商品構成
INSECT

対象害虫

マメコガネ

学名:Popillia japonica

マメコガネ

成虫は、9.0~13.5mm、小型で卵型をしています。体色は、頭・胸は緑~黒色、翅は赤銅緑色でまれに黒色がいます。側面にパッチ状の毛の束があるのが特徴です。主に幼虫は、芝や牧草の根や腐植物を加害します。成虫は、牧草、雑草、インゲンマメ、アズキ等といったマメ科植物、リンゴ、オウトウ、ブドウ、バラ、イタドリの葉や花を加害します。発生時期は、6~9月で、成虫は昼間に活動します。通常、1年1世代、寒冷地では、2年に1世代となります。

ヒメコガネ

学名:Anomala rufocuprea

ヒメコガネ

成虫は、12.5~17.5mm、中型で長卵型をしています。体色には、色彩変異があり、赤銅色、銅色、銅緑色、緑色、紺色、黒紺色、紫紺色まで様々です。また、鈍い金属光沢があります。主に幼虫は、芝やムギ類の根や腐植物を加害します。成虫は、ダイズなどのマメ科植物、果樹、広葉樹の葉を幅広く加害します。発生時期は、6~9月で、成虫は日没後2~3時間の飛翔の後に食害する事が多いです。夜間には、灯火に飛来します。通常、1年1世代、寒冷地では、2〜3年に1世代となります。

ドウガネブイブイ

学名:Anomala cuprea

ドウガネブイブイ

成虫は、17.0~25.0mm、大型です。体色は、全体が青銅色、時に緑色をし、鈍い光沢があります。また、頭・胸・背面に微小な点刻があります。発生時期は、6~9月で、成虫は夜行性で、灯火に飛来します。昼間は葉を丸め身を隠しています。1年に1世代となります。主に幼虫は、塊根(サツマイモ、サトイモ等)を加害し、表面に食痕をつけます。その他にも、イチゴやラッカセイ、果樹や庭木など様々な植物を加害します。成虫は、クリ、ブドウ、カキなどの果樹、マメ科植物の葉、バラの花弁を加害します。

チビサクラコガネ

学名:Anomala schoenfeldti

チビサクラコガネ

成虫は、9.0~14.0mm、比較的小型です。体色は、背面が黄褐色~赤褐色、腹面が黄褐色をしています。背面は、強い緑銅色~紫銅色の金属光沢があります。発生時期は、5~8月で、成虫は日没後、低く飛翔します。また灯火に飛来します。1年に1世代で、近年東北地方へと分布を拡大しています。主に海岸近くのイネ科を主体とする砂丘部で発生、また芝地やクリなどでも発生が確認されています。主に幼虫が、芝などの根を加害します。

ヒラタアオコガネ

学名:Anomala octiescostata

ヒラタアオコガネ

成虫は、9.0~13.0mm、小型です。体色は、赤銅色~緑銅色で腹側や脚は赤銅色~黒銅色をし、金属光沢があります。発生時期は、4~6月で、晴天時の日中に多くの雄成虫が飛翔します。1年に1世代で、北関東が北限といわれますが、近年、北上しています。主に幼虫が、芝などの根を加害します。成虫は、樹木(ヤマモミジなど)の葉や稀にカキの葉を加害します。

セマダラコガネ

学名:Blitopertha orientalis

セマダラコガネ

成虫は、8.0~13.5mm、小型です。体色は、黄褐色で黒色の斑紋が様々な程度で発達しています。完全な黒色の個体も出現します。発生時期は、5~9月で、成虫は夜行性ですが、昼間も観察できます。1年に1世代で、草原や河川敷、都市部でも普通に発生します。幼虫は広食性で、芝やイネ科の草本を加害します。成虫は、広葉樹の葉やバラの花弁を加害し、ハワイではサトウキビの害虫として知られています。

アシナガコガネ

学名:Hoplia communis

アシナガコガネ

成虫は、5.5~8.5mm、小型です。体色は、淡緑黄色で背面が黄色の丸い鱗粉で覆われています。主に、幼虫は芝などの根を、成虫は樹木の葉を加害します。発生時期は、5~7月で、平地から低山地に分布します。地域によっては、アシナガコガネ類と同時に発生するので同定の際は注意が必要です。

オオサカスジコガネ

学名:Anomala osakana

オオサカスジコガネ

成虫は、11.0~16.5mm、中型です。体色は、黄褐色~赤褐色で頭・胸に濃緑色の紋があります。主に幼虫は、芝の根などを加害し、ゴルフ場で多くみられます。成虫はほとんど摂食しないと言われています。発生時期は、6~7月で、灯火に飛来します。

アオドウガネ

学名:Anomala albopilosa

アオドウガネ

成虫は、17.5~25.0mm、大型で長卵型をしています。体色は、背面が緑色~赤緑色で鈍い光沢をしています。腹面や脚は、赤褐色~銅色で鈍い光沢をします。尾端に黄金色の毛が生えているのが特徴です。主に幼虫は、サトウキビ、サツマイモ、パイナップルの根を加害します。成虫はビワなどの果樹を加害します。広食性で様々な作物を加害します。発生時期は、4~10月下旬で、灯火に飛来します。北上が著しく、分布を拡大しています。

ナガチャコガネ

学名:Heptophylla piceasa

ナガチャコガネ

成虫は、10.0~14.0mm、小型です。体色は、黄褐色で適度な光沢があります。明るい色から暗色まで変化します。主に幼虫は、チャノキ(茶)やカラマツの苗木、サツキやツツジなどの庭木の根などを加害します。またハスカップなども被害があります。成虫は、庭木などの葉を加害し、茶や庭木への被害が大きい種類です。発生時期は、5~9月(平地では6月がピーク)で、夜行性で灯火に飛来します。

スジコガネ

学名:Anomala testaceipes

スジコガネ

成虫は、14.5~20.0mm、中型で長卵型をしています。体色は、黄褐色ですが緑色、茶色など色彩変異があります。左右の翅に4本ずつの縦筋が入っているのが特徴です。幼虫は、イネ科牧草、マメ科植物、ムギ類、ソバ、針葉樹などの根を加害します。また、成虫は針葉樹の葉を加害します。発生時期は、6~9月で、灯火に飛来します。

ツヤコガネ

学名:Anomala lucens

ツヤコガネ

成虫は、13.5~18.5mm、中型です。体色は、背面が緑色~赤銅色~褐色で鈍い光沢があります。主に幼虫は、マメ科植物、ムギ類、樹木、果樹等の根を加害します。成虫は、果樹の葉を加害します。発生時期は、6~9月で、灯火に飛来します。

シロテンハナムグリ

学名:Protaetia orientalis

シロテンハナムグリ

成虫は、20.0~26.5mm、大型です。体色は、暗銅色、緑銅色、赤銅色、と多様で、白い斑点があります。幼虫は、腐葉土や堆肥を食し、成虫は樹液や花蜜、熟した果実に集まります。発生時期は、4下旬~10月で、幼虫もしくは成虫で越冬し1年に1世代となります。

FEATURE

ニューウインズパックの特長

01.リユース型発生予察用資材

ルアーを取り替えることにより、トラップのリユースを実現しました。

02.操作が簡単

組立て・設置が容易で、しかも取り出し口径を旧製品の5倍にしたことにより、捕獲したコガネムシの取り出しが簡単です。

03.捕虫性能を向上

捕虫状況にあわせて捕虫容器の容積を2段階に調整できます。捕虫容器の容積を小さくすると、より地表近くへの設置が可能となり、地表付近を飛翔するコガネムシの捕虫効率が上がります。

HOW TO

使用方法

トラップの組み立て方(ルアーホルダー)

1

①ルアーを1個取り出し、ホルダーに乗せます。

2

②ホルダーの蓋を閉めます。

3

③トラップの上部に取り付け、ご使用ください。

トラップの組み立て方(ボトル)

1

①ボトルのキャップを開けます。

2

②ボトルをひっくり返します。

3

③トラップの上部に取り付け、ご使用ください。

設置例

対象とするコガネムシの種類によって、設置する高さを変えてください。

①木に吊るす。

 (葉にかくれないように)

②棒を立てて設置。

※設置の高さは木に吊るす場合も同様です。

地表より1m前後に設置 できるだけ地表に近く設置

・できるだけ風通しのよい場所を選んで設置してください。(林内など気流の淀んだ場所では十分な効果が期待できません。)
・誘引力の目安は距離にして50〜100m程度です。
・対象とするコガネムシの種類によって設置する高さを調整してください。
・トラップ内が捕獲された虫でいっぱいになる前に虫を廃棄してください。設置後長時間放置すると、捕獲した虫が腐敗し、誘引効果を阻害します。(多発時には一日で一杯になることがあります。)

※複数種類のニューウインズパックを同時に使用する場合、ルアーの設置間隔が近いと干渉作用を示すことがありますので、トラップは少なくとも10m以上離して設置してください。
※有効期限内にご使用ください。
※直射日光を避け、暗所室温条件下で保管してください。
※品質保持のため冷蔵庫や40℃を超えるような場所での保管は避けてください。
PACKING

商品構成・荷姿

トラップ本体セット
・トラップ本体、ルアー(虫種により異なります。)、ホルダー / 箱

ルアーセット
・ルアー(虫種により異なります。)、ホルダー / 箱

カタログPDFはこちら

ルアーの種類

対象コガネムシ こんな所で効果を発揮 製品仕様
タブレット ボトル 誘引剤
マメコガネ 芝地のメンテナンス及びマメ類やブドウの栽培 雄を誘引する性フェロモンと両性を
誘引する食物誘引物質
ヒメコガネ 芝地のメンテナンス及びマメ類やブドウの栽培 雄を誘引する性フェロモンと両性を
誘引する食物誘引物質
マメコガネ、ヒメコガネ※1 雄を誘引する性フェロモンと両性を
誘引する食物誘引物質
ドウガネブイブイ 芝地のメンテナンス及びマメ類やブドウの栽培
広葉樹の葉を食害します。
雄を誘引する性フェロモンと両性を
誘引する食物誘引物質
セマダラコガネ 芝地のメンテナンス及び花の栽培 雄を誘引する性フェロモン
ヒラタアオコガネ 芝地のメンテナンス
チビサクラコガネ 芝地のメンテナンス及びマメ類やブドウの栽培 雄を誘引する性フェロモンと両性を
誘引する食物誘引物質
アシナガコガネ 芝地のメンテナンス 両性を誘引する食物誘引物質
オオサカスジコガネ 芝地のメンテナンス 雄を誘引する性フェロモン
アオドウガネ 芝地のメンテナンス及びマメ類やブドウ等の果樹栽培 雄を誘引する性フェロモン
ナガチャコガネ 茶及びハスカップ等のメンテナンス 雄を誘引する性フェロモン
スジコガネ※2 スギやヒノキの針葉樹が存在する芝生のメンテナンス 性フェロモン、食物誘引物質
ツヤコガネ※2 マメ科やイネ科の牧草地や芝生のメンテナンス 性フェロモン、食物誘引物質
シロテンハナムグリ 花、栗等の栽培やキョウチクトウのメンテナンス 両性を誘引する食物誘引物質

※1ヒメコガネの発生が多い場所では、ヒメコガネ用をご使用ください。
※2ドウガネブイブイが発生している場所では、ドウガネブイブイが多く捕獲されることがあります。

カタログPDFはこちら
エコモン商品一覧
貯穀(食品)害虫用・農業害虫用
貯穀(食品)害虫マルチ対応用
Copyright (c) FUJI FLAVOR CO., LTD. All rights reserved.
↑