富士フレーバー株式会社
トップ
会社情報
エコモン商品
採用情報
お問合せ
サイトマップ
効果的な害虫管理をするには?

-害虫管理のポイントをご紹介します- 害虫は強い繁殖力を持っており、
わずかな餌でも短期間で何百倍にも増殖します。
また、体が小さく、人間の死角に巣を作ったり
餌の中に隠れていたりするため、
見つけることは困難です。
このため、害虫が発生してから防除を行う
従来の管理方法では手遅れになることが
多いのです。

小型で旺盛な繁殖力

このような手遅れを防ぐためには、
最適な時に、最適な場所に、最適な方法で
害虫防除を実施する必要があります。
この最適な時間、場所、方法を選ぶための手法が
モニタリングであり、害虫管理をより効果的に
サポートします。

モニタリングをすることによるメリット
01.異常発生を早期に発見できる <モニタリングなし>

人間の目や商品につくまで把握することが出来ず、気付いた時には手遅れ

<モニタリングあり>

・対策時期の選定に貢献
・異常発生を早期検出し、被害の拡大阻止に貢献

継続して記録を残すことで発生時期を数字で把握

継続して記録を残すことで発生時期を数字で把握

02.対象害虫の分布がわかる <モニタリングなし>

1匹の害虫が発生したことで、全フロアへの防除をしたり、全製造ラインを停止することになり、
コストや労力がかかる

<モニタリングあり>

・薬剤使用量の低減に貢献
・作業量の省力化に貢献

場所ごとの発生量を数字で把握

場所ごとの発生量を数字で把握

03.防除前後のデータを比較できる <モニタリングなし>

防除のやりっぱなしで、防除の効果が分からない

<モニタリングあり>

・対策の有効性の把握に貢献
・継続的な対策に貢献

害虫対策の効果を数字で把握

害虫対策の効果を数字で把握

このように、モニタリングという手法を
用いれば、害虫の動態や被害の状況などを
科学的に予測し、実施した防除対策の効果を
数字で評価することができます。
この集めたデータを上手に活用することで、
効果的な防除が可能となるのです。

最後に
フェロモントラップとは
Copyright (c) FUJI FLAVOR CO., LTD. All rights reserved.
↑