富士フレーバー株式会社
トップ
会社情報
フレーバー商品
エコモン商品
採用情報
お問合せ
サイトマップ
  1. トップ
  2. 採用情報
  3. 社員の声
  4. フレーバー事業部 研究開発・品質管理担当
フレーバー事業部 研究開発・品質管理担当 林歩
interview

◆ これが私の仕事

私は研究開発・品質管理部署に属しており、主に新規香料の開発と原料の新規探索を担当しています。新規香料の開発業務では、食品メーカーのお客様から新規香料の開発依頼をいただき、その後要望に沿った香料を作製し、提案します。そこでお客様に採用いただければ、最終加工食品としてスーパーやコンビニの店頭に並び、最終消費者の元に届きます。当社の強みとして、超臨界二酸化炭素抽出技術があり、原料の持つ自然の香りをそのまま抽出して製品化しています。天然物という性格上、産地、収穫年により品質に変化がありますが、製品では一定の品質に保つため、常に世界中の原料を探索し、実際にラボで分析してより良い原料を入手するようにしています。

◆ やりがいを感じる瞬間

お客様に提案した商品が採用になり、実際に店頭に並んだときです。数多くの提案をしますが、採用に至るのはわずかであり、その中で採用になれば、感動もひとしおです。

◆ 仕事の面白み、楽しさ

入社間もない頃は仕事のイロハも分かりませんでしたが、職場がチームで活動していることから、そこに加わり、少しずつ仕事を覚えていきました。実際にできる仕事が増えていくと、任される仕事も多くなり、自信がつき、仕事が面白くなってきました。

◆ 富士フレーバーのアピールポイント

社員が温かいということです。私は6月に出産し、現在は産休を取得中です。当初は申し訳ないという気持ちでいっぱいでしたが、周囲からは「大丈夫?無理しないように」と温かく声を掛けてもらい、これまでの調香中心から、規格書作成等、事務作業中心に配慮してもらいました。4月末に「元気な赤ちゃんを産んでね!」と多くの上司・同僚に言われながら、産休に入りました。現在は子育てに奮闘中ですが、今後は短時間勤務制度等を利用して、仕事と子育てを両立していきたいと考えています。

◆ 入社を決めた理由、きっかけ

私は、食品関係の開発業務がしたいという気持ちが強かったからです。食品といっても、色々な分野がありますが、私が携わったものを多くの方に届けたいと考えたとき、まず最初に当社が浮かびました。というのも、最終食品メーカーであれば、直接お客様のところに届けることができますが、当社(素材メーカー)であれば多種多様な食品メーカーにお納めすることで、より多くのお客様にお届けできると思ったからです。

学生へのメッセージ

学生へのメッセージ
Copyright (c) FUJI FLAVOR CO., LTD. All rights reserved.
トップへ戻る