富士フレーバー株式会社
トップ
会社情報
フレーバー商品
エコモン商品
採用情報
お問合せ
サイトマップ
  1. トップ
  2. フレーバー商品
  3. マリーゴールド色素
マリーゴールド色素

 マリーゴールド色素はキク科の植物マリーゴールドの花弁から抽出された油溶性の黄色の色素で、主成分はキサントフィル類のルティンです。

マリーゴールド色素は独特の菊様の臭気と苦みを持っていますが、当社では独自の製法により、脱臭と脱味を行い、食用色素として利用しやすい製品をご用意しています。

マリーゴールド色素はβ-カロチンより赤みが少なく、ベニバナ黄色色素より青みが少ない真の黄色に近い色相を持っています。マリーゴールド色素はパイナップルまたは卵黄様の黄色で、乾麺、ハードゼリー、キャンディなどに使用されています。

黄色色素(クチナシ、ベニバナ、マリーゴールド及びβ-カロチン)の比較
クチナシ ベニバナ マリーゴールド β-カロチン

緑みのある黄色
レモンイエロー

僅かに緑みのある黄色

黄色
イエロー

赤みのある黄色
コーンイエロー


 近年、カロチノイド類の抗酸化性が注目され、数多くの試験研究結果が報告されています。マリーゴールド抽出物は主成分であるルティンが注目され、健康食品ではアイケア商品の素材として取り上げられています。
マリーゴールド色素製品
製品名 色価 特徴
油溶性製品 キサントフィル含量 0.2% 低価格、標準的な油溶性製品です。
用途例;製菓、米菓等
FFカラーイエローMG10 色価54
可溶化製品 キサントフィル含量 0.2% 低価格、標準的な可溶化製品です。
水に添加した際の色調は、透明感のあるレモン色を示します。
用途例;製菓、米菓、冷菓等
FFカラーイエローMG10E 色価54
乳化製品 キサントフィル含量 1.0% 標準的な水分散性製品です。
水に添加した際の色調は、黄色を示します。
用途例;麺、製菓、米菓等、冷菓等
FFカラーイエローMG100 色価271
粉末製品 キサントフィル含量 1.0% 粉末製剤(精製マリーゴールド色素製剤)
標準的な水分散性製品です。
水に添加した際の色調は、クラウディーな黄色を示します。
用途例;麺、製菓、米菓等、冷菓等
FFカラーイエローMG100P 色価271

色価は上段が自社法によるキサントフィル含量。下段が食品添加物公定書(第8版)による。

食品への表示例 マリーゴールド色素、カロチノイド色素、カロテノイド色素のいずれか
または、着色料(カロチノイドまたはカロテノイド)
超臨界二酸化炭素抽出技術とは   当社における超臨界二酸化炭素抽出の利用   当社製品の品質管理体制
Copyright (c) FUJI FLAVOR CO., LTD. All rights reserved.
トップへ戻る