富士フレーバー株式会社
JTのたばこづくりで培ってきた、香料開発と害虫モニタリング。
そこに求められるのは、天然素材を活かす繊細な技術と飽くなき研究開発、
そして徹底した品質管理。
私たちが磨きあげてきた専門性と多彩な技術は、いま食品や物流のビジネスにも。
私たち、富士フレーバーがいます。
OUTLINE01 私たちの原点はたばこ香料でした。

1971年、富士フレーバーはたばこ香料の研究開発・製造を目的として設立されました。たばこの原料が葉たばこという「農産物」である以上、その風味や品質が気候などの環境に影響されることは避けられません。葉たばこ本来の味や香りを調(ととの)える、あるいは銘柄ごとの味や香りを仕上げるために生まれたもの、それがたばこ香料です。たばこ香料の研究開発・製造からスタートした私たちは、常に「自然」と向き合い、素材開発、調香、香料製造の技(ワザ)を磨いてきました。

img01
img02
OUTLINE02 さらに2つの技術を極める。それが他にはない強みになった。

自然と向き合う私たちは、「農産物」である天然素材を用いた香料づくりにこだわってきました。そこで生まれたのが「超臨界二酸化炭素抽出技術」です。害虫対策にしても同様、薬剤のみに頼るのではなく、一歩進んだ技術としてフェロモンを使った商品の開発を目指してきました。そこで生まれたのが「モニタリング技術を用いたフェロモントラップ」です。

OUTLINE03 世界で初めてタバコシバンムシ用「フェロモントラップ」を製造・販売。

かつて、葉たばこを食害するタバコシバンムシはたばこ業界にとって大きな脅威であり、葉たばこの保管から加工までの工程ではタバコシバンムシを防除することが大きな課題のひとつでした。これを解決する糸口となったのが、JTによるタバコシバンムシの性フェロモン「セリコルニン」の発見と、それを用いた富士フレーバーにおけるフェロモントラップの開発でした。1982年、私たちはタバコシバンムシ用のフェロモントラップ「セリコ」を世界で初めて発売しました。

エコモン商品について詳しくはこちら
img03
img04
OUTLINE04 そしてフェロモントラップの使用技術を磨き、更なる深化、多様化に向けて取り組んでいます。

JTは原料保管から製造工程までのタバコシバンムシ対策として「フェロモントラップ」の使い方の試行錯誤を繰り返しました。そして、タバコシバンムシの生態(エコロジー)を調べ尽くし、使用技術に組み込むことで、その生息をモニタリングする技術が生み出されました。私たちはこの「フェロモントラップ」の技術を基に、たばこ業界に限らず食品・医薬・倉庫業界などの要望に応えるためラインナップを拡充し、今では海外100ヶ国以上で販売しています。

エコモン商品について詳しくはこちら
OUTLINE05 「天然素材」から、私たちの「商品」は生まれます。

たばこ香料の研究開発・製造から始まった富士フレーバーは、天然素材がもつ本来の香りを追求し続け、今では食品業界へも「香り」や「色素」そしてカツオブシなどの「エキス」を提供しています。私たちは「超臨界二酸化炭素抽出技術」により良質な天然素材から良質な香りを採ることで、素材本来の香りを忠実に再現することを可能にしました。

フレーバー商品について詳しくはこちら
img05
img06
OUTLINE06 気体でもない、液体でもない。「チョー臨界」です。

二酸化炭素は大気中では気体ですが、圧力を加えていくと気体でも液体でもない状態「超臨界流体」になります。気体のような拡散性と液体のような溶解力、この2つを利用したのが「超臨界二酸化炭素抽出技術」です。この技術を用いて素材の香りを最大限引き出した香料・エキス、高度に脱臭・精製した色素は、付加価値の高いものとして食品業界で採用されています。お客様からいただいた様々なご要望をもとに商品を開発し、柔軟な製造体制で安全・安心な商品をお届けしています。

フレーバー商品について詳しくはこちら
トップへ戻る
Copyright (c) FUJI FLAVOR CO., LTD. All rights reserved.